STELLA

推しが生き返った

人間は自分の影から逃れられるのか?〜ミュージカル モーツァルト!

こんにちはこんばんは。

 

 

 

念願の!モーツァルト!観ました!!!!

 

永遠にモーツァルト!観たいから永遠にやっていてほしい(?)

 

 

キャストについて

今回はヴォルフガング・モーツァルトダブルキャスト、コンスタンツェがトリプルキャスト、ヴァルトシュテッテン男爵夫人がダブルキャスト、アマデがトリプルキャストということでどの組み合わせを観るかでめちゃくちゃ悩みました…。結果、木下晴香ちゃんのコンスタンツェ観れていません…。結構評判良いし、舞台映像ver.のPVでも良さげだったので気になる…。

わたしが観た組み合わせとしては、

ヴォルフガング:山崎育三郎

コンスタンツェ:平野綾

ヴァルトシュテッテン男爵夫人:涼風真世

アマデ:小河原美空

ヴォルフガング:古川雄大

コンスタンツェ:生田絵梨花

ヴァルトシュテッテン男爵夫人:香寿たつき

アマデ:加藤憲史郎

です。定番コンビ+新キャストコンビですね。

 

育三郎さんはさすがミュージカル界のプリンス…。ヴォルフガング役自体既にモノにしていますし、歌も安定感がありまくり、歌での表現も素晴らしかったです。

古川雄大くんは少し喉の調子がよろしくなかったのかなあ?やっぱり育三郎さんと比べてしまうとどうしても惜しい点はあったけど、まだまだこれから伸びていくと思うので。しかしなんというか彼は悲劇が似合うと言いますか、破滅へ向かっていくのが似合うと言いますか…()父や姉と疎遠になり、妻コンスタンツェともすれ違い、生まれ持った大きすぎる才能と周囲のそれに対する扱いとありのまま自由に生きたいという想いの中での葛藤が非常に似合う。似合いすぎてめちゃくちゃ可哀想になってくる()

平野綾さんはめちゃくちゃ久しぶりに観ましたけど、やっぱりめちゃくちゃ美しかった…。声優ということもあり、台詞も歌詞もとっても聞き取りやすい。感情をしっかり乗せてるのに聞きやすいってすごいなあ。

生田絵梨花ちゃんはコンスタンツェの純粋な部分がすごく出ていたと思います。でもやっぱりどこか惜しいところはあるんだなあ…。ロミジュリの時はもっと良かった気がしたんだけど、役どころの違いなのかなあ。

涼風真世さんはもちろん素敵すぎたんだけども、香寿たつきさんの星から降る金が聴けて良かった…。素晴らしかったです…。とっても美しいメロディなのにどこか恐ろしいのは、この歌が最終的にヴォルフガングを破滅へと導いてしまったことになるからですかね。

そして外せないレオポルト市村正親さんとコロレド大司教山口祐一郎さん。市村正親さんのレオポルト好きすぎる…。ヴォルフガングを誰よりも愛していて心配しているからこそ守ってあげよう、自分が導いてあげようとするんだけど、自由を求めるヴォルフガングとは分かり合えず亡くなってしまう…。レオポルトとヴォルフガングのすれ違いが歯痒くて痛々しい。

山口祐一郎さんは本当に圧倒的な声量と佇まい。今回追加曲でヴォルフガングとコロレド大司教の「破滅への道」が入ったんですけどそれも素晴らしかった。コロレド大司教は本当はヴォルフガングの才能を一番理解していたのかなあ。

ナンネール和音美桜さんもとても可憐でプリンセス感半端なかったです。

アマデ子役ちゃん達も可愛い!台詞も歌もなく、だからこそ非常に難しい役どころだったけど、 可愛くもあり、哀しくもあり、恐ろしくもあり…。

 

 

ストーリーについて

神童と呼ばれたヴォルフガング・アマデウスモーツァルトが自らの大きすぎる才能と自由への渇望の中でもがき苦しみ、死へと向かっていくお話です。だいたい史実に基づいてますかね。ウェーバー家のこととかは違ってたりするけど。あと、史実ではモーツァルトと言えばサリエリというくらい関連性が強いですけどM!内ではサリエリはほとんど出てこなくて、野次を飛ばしてるくらいです。*1

自らの生きたい道と周囲の期待との乖離に苦しんでいたヴォルフガングは、ヴァルトシュテッテン男爵夫人の援助を得て家族の元を離れ、1人ウィーンへと行く。そこで音楽家として成功し、さらにありのままの自分を受け入れてくれるコンスタンツェと出会い、結婚し、全てうまくいっているように思えていた。しかし、徐々にコンスタンツェともすれ違うようになり、父や姉とも疎遠になり…。そんな中、仮面の男に「レクイエム」の作曲を依頼され、作曲中にヴォルフガングは自らの才能(=アマデ)に殺される。悲劇ですね。

タイトルにもしたけど、「人間は自分の影(=運命)から逃れられるのか」というテーマですね。ヴォルフガングは常に自分の才能を愛し、自分の才能に追われ、苦しめられ、死んでしまった。自由になりたいと願ったヴォルフガングは多分自由になれないまま終わってしまった。父親に与えられたレールの上を歩む人生だったら幸せだったのか、自分のやりたいように生きた人生が幸せだったのか。きっとどちらでも幸せであり不幸であったんでしょうね。哀しいなあ。

 

 

2回しか観れてないのが悔やまれる…。2回とも前方席だったので2階のチケットとかも取れば良かったなあ。

*1:サリエリについては気になる方は調べてください