STELLA

なんかいろんなおたく

「推し」とは一体何なのか

こんにちはこんばんは。

 

 

タイトルのままなんですけど最近よく「推し」って気軽に言うけど実際「推し」って何なんだろうか、ということを考えてます。

 

 「推し

推しメン」の略称。推しメンとは、アイドルグループの中で自分が推しているメンバー(好みのメンバー、応援しているメンバー)のこと。なお、推しメンは2011年ユーキャン新語・流行語大賞で候補語になったが受賞はしていない。

 

 「推す」

1:人や事物を、ある地位・身分にふさわしいものとして、他に薦める。推薦する。「候補者に―・す」「優良図書に―・す」
2:あることを根拠として、他のことを判断する。推し量る。「彼の口ぶりから―・すと失敗したらしい」
3:さらに突き詰めて考える。「その点を―・していくと、問題の本質が明らかになる」

 

「推す」の意味合いからすると1が近いんですかね。推薦しているかは微妙だけど、自分が好きな人はこんなに素敵で素晴らしい人です!っていうアピール?

 

えっじゃあただ「推しです!!」って言えば推してることになるのか……?推しってなんだ??何をすれば推しなんだ??

 

 

他者に推薦するには推薦するなりの理由がなきゃいけないんだろうけど、この界隈「この人すごい(演技がいいなり何なり)から使って!」って言ったって使ってくれるわけない。ていうかそんなんマネージャーが売り込むんだからおたくがやることじゃねえ。たまに大型2.5が決まった時にTwitterとかで「〇〇に出る△△くんはこんな素敵な人です!!」みたいなツイートしてる人いるけどあれはなんの意味があるのだろうか。原作おたくに向けてるのか、共演キャストおたくに向けてるのか、はたまた制作方面に向けてるのか。どれにしたってたいして影響力はないだろうし、お前は一体△△の何なんだってなるだけでは…?

 

おたくが手っ取り早く出来ることってやっぱりお金を使うことですよね。推しの名前でチケットを取る、ブロマイドを買う、等々。

*1

全ての舞台がこうだと言えることじゃないけど事実としてギャランティや今後の活動に影響することがある。ので、推し扱いチケットを買ったりすることは「推薦」という意味では正しいのだろう。

 

ところで、若手俳優おたく界隈ではよく「推しのために買う」とか「スタンド花出して推しにはこんなお金を出せるファンがいるってアピールを~」って聞きますよね。でもぶっちゃけ心からそれ思ってる人ってどれくらいいるんだろう。わたしも言うけど、でも実際そこまで思ってない。「わたしが」買いたいから買うし、「わたしが」花出したいから出してるだけ。少しは推しのためになれたらって気持ちもあるけど、実際ほとんどは自分のためだ。自分が嫌なことにお金は使えないし、お金を使う以上見返りがほしい。自分が良ければそれでいい。ていうか人のためだけに何かをやるって疲れません?推しのためだけにお金を使うってそれはもう義務になってしまっていて、自分の楽しさも後からついてくるのかもしれないけど、きっと純粋に楽しめはしないんだと思う。「推しのブロマイドを買いたい」「推しにスタンド花を出したい」じゃなく「ブロマイド買わなきゃ」「スタンド花出さなきゃ」になっていってしまいますよね。そして結局疲れて辞めるっていう。それって推しのためを思わないと悪みたいな風潮があるせいなのも一理あるのでは??自分のために推しにお金使ったっていいじゃん。もっとゆるい気持ちでおたくしようぜ(?)

 

なんだか話が逸れた気がする。最初に戻るけど「推し」ってなんだろう。おたくの方々はなぜ推しを「推し」だと認識したんだろう。演技が好き、人柄が好き、顔が好き、応援したい、色々あると思うんだけど、推しじゃないけど演技が好き、とか推しじゃないけど舞台観に行く、とかもあるじゃないですか。一体何が違うんだろう。

というのもまぁわたしが推しくんを降りようと思っていることから話は始まったんです。次の舞台で降りようって思ってます。でも降りた後も彼の芝居は観たいから舞台行くだろうし、映像(ドラマ、映画等)もきっと観るだろうし。例えばホストちゃんに出たらまた自分が太客にならない程度で調整しながらNo.1取らせてあげたいし。そうしたら「推し」と変わらなくない?って。わたしの中では「推し」ではなくなってるんだけど、行動としては「推し」のままでは??っていう。難しいですね。「推し」って一体何なんだろう。

*1:匿名なので本当に若手俳優が書いたものかは疑問だが