STELLA

なんかいろんなおたく

再演したら観たい/観てほしい作品

こんにちはこんばんは。


お題「再演したら観たい/観てほしい作品」


こういうの超良いですね。本当は別に書かなきゃいけない記事があるんですけど、それはまだ書き途中なので先にこちらを。

再演したら観たい作品

■ye -夜-
http://www.zuu24.com/ye-yoru/index.html
めちゃくちゃ観たかったのに予定が合わず観れなかった。Zu々さんの作品はクロードと一緒に(再演)観たんですけど、本当言葉を失うような衝撃的な作品だったので他作品も観たかったです。クロードが結構再演されてるから夜も再演されることを願って。
個人的に平田裕香さんが出演されていたのがめちゃくちゃ大きいです。ゲキレンジャー大好きマンなのでメレ様に反応しました(笑)

■浪漫活劇譚 艶漢

これもめちゃくちゃ観たかったのに観れなかった作品。歌謡倶楽部の方は観に行きました。歌謡倶楽部はもうすんごく良かった。田上真里奈さんの六口が可愛すぎてやばい。もちろん櫻井圭登くんの詩郎も三上俊さんの安里も素晴らしかったです。ていうかみかしゅんさん安里すぎてビビった…。12月にやる第二夜は観に行きます…。

■TRUMP
http://napposunited.com/trump/
これも未だに観れていない。DVDすら観れていない。ずっと観よう観ようと思いつつ、やっぱりDVDだとイマイチ観る気になれないというかしっかり劇場で観たいのでTRUMPシリーズまとめて全部やってほしい。

モーツァルト

再演決まってます。行きます。個人的にモーツァルトという人物がめちゃくちゃ好きなんです。

再演したら観てほしい作品

■悪党

何万回も言ってるんですけど、本当に素晴らしい作品です。わたしが過去に観た舞台の中で一番良かった。すごく心が苦しくなるし、嗚咽レベルで泣くけど何度でも観たい。

■ミュージカル フランケンシュタイン

マジで最高だった。柿澤ビクターと加藤アンリしか観れなかったのが悔やまれる。まぁでも再演ありそうですよね。多分あるでしょう。行くわ。

■ミュージカル「AMNESIA

観てほしいっていうかわたしが観たい(笑)アミュネ大好きなんですよ。先日アミュネに出演されてた某俳優さんとお話する機会があって、数年越しにアミュネの話したんですけど「プロデューサーにアミュネまたやろって言っといて」って言いましたもん、わたし(笑)言ってくれたかなあ(笑)

■レイと天使の住む数字←追加しました

「数字には、天使が住んでいる。」

ある日、時間の世界に迷い込んでしまった男の子“レイ”
レイは成績優秀だけど口数の少ない男の子。

レイは、時間執事の短針と長針と共に時間学校で"数字とは何か"を学ぶことに。

個性豊か過ぎる数字先生達の、愉快が過ぎるおかしな授業。笑って、笑って、また笑う。
それぞれの授業を通じて、レイはある事に気づく。

「僕には、トモダチがいない」


これは、誰の心にも辿り着くハートウォーミングファンタジーコメディ。

(公演HPがないのであらすじのみでって思ったけど微妙にあらすじと本公演の内容が違ってる気が(笑))

1回記事あげたんですけどやっぱり追加で(笑)
保木本作品最高です。笑えて泣ける。

大切な人は守ってあげたい。でもずっと大切な人のそばにいて守ってあげられるわけじゃない。だからたくさん褒めてあげる。どんな些細なことでも肯定してあげる。その肯定はどんどんたまってその人の自信になる。近くにいなくてもその自信がその人を守ってくれる。

っていう台詞が劇中で出てくるんですけど、これを聞いて推しを最大限褒めようって思いました。DVD化されなかったのがとても残念。



まだまだあるんだけどだんだんわたしが観たい作品になっていってしまうのでこの辺でおわります。やっぱりなかなか予定が合わなかったり、どうしても推し優先になってしまったり、観たいものすべて観れないのが辛いところですね。素晴らしい舞台を干して推しの出てる糞舞台に通ってるときとかもう全然意味がわからない。推しが素晴らしい舞台に出てくれるのが一番なので*1推し頑張ってください。

*1:そういう意味でも悪党は素晴らしかった

愛はいつも私を裏切る~りさ子のガチ恋♡俳優沼

こんにちはこんばんは。

 

 

 

りさ子のガチ恋♡俳優沼

26歳、彼氏なし。OLりさ子の趣味は舞台観劇。
大好きなイケメン俳優しょーた君を追いかける日々。
彼が出演中の2.5次元舞台『政権☆伝説』に大ハマリ中。

最前席で全通。グッズもコンプ。そして高額プレゼント。
「がんばってる姿を観られるだけで幸せ」そう思いつつも。
彼のちょっとした「特別扱い」に心ときめいていた。

ある日。ネットでしょーた君に彼女疑惑が持ち上がる。
彼との匂わせを繰り返す女が気になり暴走するりさ子。
エスカレートする迷惑行為。その行きつく果ては……。

俳優とファン――「この関係で、私の気持ちは届くのかな?」
演劇業界の闇に切り込む、見て見ぬふりをしたかった愛憎劇。

 

観てきました。

 

 

遡ること数ヶ月前、このりさ子のガチ恋♡俳優沼が発表された時、Twitterで友達とこれについて色々話してたんだけど、それを脚本・演出の松澤くれは氏にめちゃくちゃいいねされ、挙句の果てに引用RTまでされたので、やはりこれは観に行かねば、とのことで行ってまいりました。(恨みではないです(笑))

当時はまだあらすじも出てなかったので「りさ子どんなおたくだよ」「りさ子在宅だったらキレる」「りさ子ガッツなの?」等々色々話してました。

 

 

まず、結論から言ってひっかかる部分は多いけど、でも普通に面白かった。限りなくノンフィクションに近いフィクション。のように思えるけどやっぱりフィクションだなぁ、という感じ。もっとうわぁってなるかなあと思ってたけどそうでもなかった。りさ子が自分とだいぶかけ離れてたからだと思うけど。

 

以下、ネタバレありますのでご注意ください。

 

 

 

大まかな流れとしては、政権✩伝説千秋楽カテコ→千秋楽後の楽屋→政権✩伝説打ち上げ→しょーたくん(りさ子の推し)の彼女るるちゃんの匂わせカノバレ炎上→しょーたくんバースデーイベント→りさ子ストーカー化→りさ子vsるる、しょーたくん、という感じ。

 

政権✩伝説

いやこれ普通に気になるわ(笑)気になりすぎてパンフ買いました*1f:id:cz57:20170812172623j:plain

歩きながら撮ったらブレた。心のブレかな(?)

千秋楽カテコ挨拶から始まるんだけど、微妙な2.5にありがちな「合っていないウィッグ」「ペラペラの衣装」「役者同士の馴れ合い」と初っ端からわかる~~~~~!!ってなりました。千秋楽後の楽屋で着替えつつ話す俳優達。プレゼント乞食俳優はプレボ漁ってスタバカードにテンションあがって、手作りお菓子のプレは捨てて*2、共演女優にLUSHちょうだい♡って言われても横流しせず、普通に推せるやんお前ってなった(?)あとどうでもいいけど打ち上げ前にお風呂入りに行くのもめちゃくちゃあるあるだよね(笑)

「打ち上げまで時間があるのでリプ返します」もあるあるすぎて笑ったわ。「行けないけど応援してます!」「遠くて行けないよ~〇〇でもやって!」「テストだから行けなかった」等のクソリプの中でりさ子が発したのは「彼女いますか?」クソリプの中のクソリプすぎるだろ。それに「いないです。今は仕事が大切なので。」と答えるしょーたくん。答えだけ見たら満点だけど、匂わせ彼女をなんとかしないと君は破滅の道だよ。

打ち上げで次回作出たいあっぴるも笑った。今回死んだ役なのに(笑)そして打ち上げにしょーたくんの彼女、るるちゃん登場*3。集合写真にも入るるるちゃん。*4

 

りさ子について

政権✩伝説がきっかけでしょーたくんを推し始めて1年半。最前全通、ランダムグッズもコンプ、高額プレ(クロムハーツ)。クロムハーツは少し胸が痛かった()りさ子はいつも同厨のたまちゃん(遠征民)、ありすちゃん(常にすっぴんなのにゆるふわ服+クロッ

クス)と3人で一緒にいる。たまちゃん、ありすちゃんもあーこういう子いるわって感じ。肝心のりさ子はなんというか地味。引っ込み思案。コミュ障。おどおど。というこれもまたよくいるねっていうおたく。出待ちもしてるけど、しょーたくんに対しても「あ、あの……!今日も……かっこよかった……です……こ、これからも!応援……してます……」みたいなのを割と遠い距離から言う、という。出待ちする意味あんのか?

正直りさ子はしょーたくんにちゃんと認知されていたのか?と思った。確かに名前も知ってるし、顔も知ってるし、ではあったと思うけど顔と名前が一致していたのかはよくわからない。量産型2次元から入ったおたくって感じだから見分けがつかないと言えばつかないのかもしれない。現にしょーたくんのバースデーイベントでドレスアップしたりさ子にしょーたくんは「はじめまして」と声をかけた。普段と違う格好で気付かない程度の認知だった、ということなのか。でも後々、しょーたくんはりさ子のことを「大人しそうな子」だと言っている。認知しているのかいないのかよくわからない。そこが少し引っかかった。りさ子が何をもって認知してくれていると思ったのかもよくわからない。「ちょっとした特別扱い」と謳っていたけど、カテコでこっちを見てくれた、ハイタッチ会で手を少し握ってくれた、その程度の描写しかなくて特別扱いとは…?ってなった。それは特別扱いとは言わないのでは…と思ったけど、きっとりさ子が勘違いしている部分もあるんだろうなあ(おたくあるある)。最前全通、高額プレ、とやっている行動だけを見たらめちゃくちゃガッツだけど、でも実際はガッツとは言えないのでは。微妙な認知に、微妙な対応。それを特別扱いと勘違いして、しょーたくんに幻滅するのはなんとも身勝手な話だ。

この辺の微妙なニュアンスもあってか、りさ子に感情移入はしなかった。いや、気持ちはわからなくはないけど、共感はしなかった。

 

しょーたくんについて

いい子なんだろうなとは思う。仕事に対して真面目で、役を愛してて。ただ詰めが甘いというかちょっと頭が悪いというかなんというか。しょーたくんはグラドル女優のるるちゃんと付き合っていて、同棲している。るるちゃんのおっぱいやばい。下から触りたい(?)るるちゃんも典型的頭がゆるふわ匂わせ彼女で、しょーたくんへのプレの飴を舐めながら写真撮ってSNSにあげたり、しょーたくんの帽子をかぶったりしょーたくんの服を着たり。「しょーくん甘い物嫌いなのにね~ファンならちゃんと調べようよ~まぁあたしが美味しく頂いてまーす♡」やら「だってこんな可愛い子とこんなかっこいい人が付き合ってるんだよ?自慢したいに決まってるじゃん!」やらの理屈で匂わせまくる。そしてSNSで叩かれている。るるちゃんは逃げない。どんなに叩かれても匂わせ続ける。でも「顔の見えないアカウントを複数作って叩きたいだけ叩いて、あたしも人間なのに」と話していて、本当は傷ついている。匂わせ彼女だけど、わたしはるるちゃんは嫌いじゃない。自分の中での白黒ははっきりしてるし、行動力もあるし。るるちゃんの言葉は割と胸に刺さった。

しょーたくんの話のはずがいつの間にかるるちゃんの話に…!?(笑)そういえばしょーたくんはTwitterフォロワー6万人らしい(確かそう言ってた気がするけど違ったら申し訳ないです)。ということで想像しやすくするために若手俳優でフォロワー6万前後の人を探したら、

高崎翔太さん(約6万4千)
細貝圭さん(約5万8千)
長江崚行さん(約5万8千)

あたりでした。ぱぱっと見ただけなので人選はテキトーですすみません。*5

 

カノバレからの……

匂わせるるちゃんのせいでTwitter上ではしょーたくんとるるちゃんは炎上。でもりさ子は「しょーたくん側からは何もないし……ただ彼女側が真似してるだけかもしれない……カーテンだって家具だって同じものは売ってる」となんとか否定したい様子。でもりあこだとは認めず「親目線っていうか…成長を見守りたいっていうか…」と自分で自分に言い聞かせる。必死に切れかかった糸を守っていたけど、しょーたくんからの「はじめまして」でその糸はプツリと切れてしまう。

しょーたくん、るるちゃんへのストーカー行為、稽古場に無言で差し入れを置く、盗撮、等の迷惑行為へ。そしてるるちゃんの携帯に電話をかけるりさ子「しょーたくんのために別れてください」

いや待ってくれ。りさ子がリアスト化したのは別にいい。いいんだけどその過程をもっと掘り下げてくれよ。そこ掘り下げないと意味無いじゃん。ねぇ、りさ子どうやってるるちゃんの電話番号入手したの??

 

りさ子の想い

親目線だ、と逃げ道を作りつつも自分がしょーたくんに恋していたと気付いたりさ子。でも好きだからと言ってイコール付き合いたいになるわけではない。ただ少しでも自分を見てほしかった、少しでも見返りがほしかった、ただそれだけだったのに、りさ子は多分やり方が悪かった。りさ子がもっと明るい子だったらオキニになれていたのかもしれない。りさ子がもっと図々しかったら出待ちでたくさん話せて仲良くなれてたのかもしれない。でもりさ子は地味で大人しかった。だからしょーたくんの目には止まらなかった。ただそれだけのことだ。

ストーカー等迷惑行為をしていたのがりさ子だと突き止めたるるちゃんは、Twitter捨て垢を作り、しょーたくんを貶す。そして、家でしょーたくんのチェキを撮り、「担降りするので譲ります」とツイート。それネトストのよくやる手口じゃねえか……(笑)そこで簡単に引っかかってしまうりさ子の家にるるちゃんはやってくる。ストーカー行為を辞めろ、謝れ、と。まぁるるちゃんが撒いた種でもあるんだけどなあ……(笑)結局逆上したりさ子に監禁されてりさ子宅にしょーたくんもやってくる。そこからのりさ子の想いの吐露の長ゼリフすごかった。苦しそうに、でもやっぱりおどおどしながら、逆上しつつ、もう自分でも何言ってるのかわからなくなってるようなセリフなのに、めちゃくちゃ聴きやすくて。

りさ子はただ自分のことを、自分の気持ちを知ってほしかった。るるちゃんの名前ではなく、目の前にいる自分の名前を呼んでほしかった。

でもそんなの無理だよ。だってりさ子は自分のこと何もしょーたくんに話してないじゃない。知ってほしいって思ってただけじゃない。そんなの無理に決まってる。

しょーたくんは「こうやって俺やるるを傷つけたのは許せることじゃない。でも君を嫌いにはなれない。だってずっと応援してくれた人だから。君が嫌いなんじゃない。好きになったのがるるだったんだ。」と話す。え、めちゃくちゃ推せるやん……。こんなこと言えるならバースデーイベントの時にもっと違うこと言えただろって思うんだけどやっぱりしょーたくん頭が悪いんだろうなあ…。そこは推せない…。事務所にも相談せずに勝手にTwitterで交際宣言しちゃうし……。やっぱりこの子ダメな子……。

でも結局この言葉でりさ子はるるちゃんを解放し、「次の舞台頑張ってください……楽しみにしてます……」としょーたくんに言う。え、そこでそれ言うの?ってなったけど(笑)

 

そしてカーテンコール。りさ子はいません。カテコが終わったあとりさ子が登場し、ある役者に「すごくよかったです……応援してます……」と話しかける。

結局は推し変する形となって終わります。劇中で過去に炎上して引退した俳優が出てくるんですけど、その人もずっとリアストされてて、きっとそれもりさ子なんだろう。同じことを繰り返していくのかな、りさ子は。

 

やっぱりりさ子の気持ちはわからなくはないけど、共感はできなかった。最前全通、高額プレはしてるけど、それ以外が全部受け身だし、自己中心的すぎる。こんなにしてあげてるんだから見返りがほしい。その気持ちはわかるよ。でもそれならもう少し違うアプローチがあったんじゃないかな。わかんないけど。

 

事実は小説よりも奇なり、と言いますけど本当にその通りだと思いました。ありえない話ではないし、あるあるなことがたくさん出てくるんだけど、でもやっぱりフィクションだった。実際の現場はもっと色々あると思うよ。

 

演出について

Twitterの描写で、ペストマスクを頭につけて言うことで公開垢(表垢)のツイートを再現し、そのペストマスクで顔を隠すことで鍵垢(裏垢)や愚痴垢のツイートを再現する、その表現はすごく面白いなと思った。

あと、政権✩伝説のヒロイン役のキャストとメイン張ってるキャストが付き合ってるんだけど、ヒロイン役の子は演出家とも浮気している。それが彼氏にバレて、彼が演出家を殴り舞台降板になるんだけど、あの描写って必要だったのか??「愛はいつも私を裏切る」にかかってるのかもしれないけど、その話はまた別じゃない?そこが突然出てきてちょっとよくわからなかった。

 

愛はいつも私を裏切る

というセリフをりさ子が言うんですけど。別に愛は裏切っていないと思う。それを裏切らせる形にしたのはりさ子本人なのでは?りさ子の愛が歪んでしまったばっかりに愛に裏切られてるとりさ子が思い込んでるだけだと思います。

わたしは別に愛に裏切られたと思ったことないしなぁ…。まぁその辺は千差万別でしょうから。推しの炎上で裏切られたって言う人は結構いる気がするけどそれは「愛」関係なくないか?と思うし。

 

 

最後に

引っかかった部分を多く取り上げてるから、ちょっとシビアな感想っぽいけど、普通に全体的に面白かったです。あるあるなこと多くて面白かったし、でもかといってこれが当たり前なわけではなく。事実は小説よりも奇なり、なので。

 

 

 

これをマチネに観たあとにソワレ推しの舞台観に行ったわたしのメンタルも相当だなあと思うんだけど(笑)でも推しは甘々で最高に好きでした!←

りさ子を観たら何か変わるかなあと思ったけど、特に何も変わらなかったです!(笑)

 

長くなってすみません。

*1:政権✩伝説の設定が載ってる

*2:でも手紙はちゃんと抜き取ってた推せる

*3:しょーたくんが呼んだわけではなく他共演者が呼んだ

*4:あ、写真入るんだ、って思ったけど、どうやらるるちゃん前作でゲストヒロインだった模様。

*5:ちなみにりさ子役新垣さんの旦那さんはフォロワー約2万1千でした。どうでもいいですね(笑)

「推し」とは一体何なのか

こんにちはこんばんは。

 

 

タイトルのままなんですけど最近よく「推し」って気軽に言うけど実際「推し」って何なんだろうか、ということを考えてます。

 

 「推し

推しメン」の略称。推しメンとは、アイドルグループの中で自分が推しているメンバー(好みのメンバー、応援しているメンバー)のこと。なお、推しメンは2011年ユーキャン新語・流行語大賞で候補語になったが受賞はしていない。

 

 「推す」

1:人や事物を、ある地位・身分にふさわしいものとして、他に薦める。推薦する。「候補者に―・す」「優良図書に―・す」
2:あることを根拠として、他のことを判断する。推し量る。「彼の口ぶりから―・すと失敗したらしい」
3:さらに突き詰めて考える。「その点を―・していくと、問題の本質が明らかになる」

 

「推す」の意味合いからすると1が近いんですかね。推薦しているかは微妙だけど、自分が好きな人はこんなに素敵で素晴らしい人です!っていうアピール?

 

えっじゃあただ「推しです!!」って言えば推してることになるのか……?推しってなんだ??何をすれば推しなんだ??

 

 

他者に推薦するには推薦するなりの理由がなきゃいけないんだろうけど、この界隈「この人すごい(演技がいいなり何なり)から使って!」って言ったって使ってくれるわけない。ていうかそんなんマネージャーが売り込むんだからおたくがやることじゃねえ。たまに大型2.5が決まった時にTwitterとかで「〇〇に出る△△くんはこんな素敵な人です!!」みたいなツイートしてる人いるけどあれはなんの意味があるのだろうか。原作おたくに向けてるのか、共演キャストおたくに向けてるのか、はたまた制作方面に向けてるのか。どれにしたってたいして影響力はないだろうし、お前は一体△△の何なんだってなるだけでは…?

 

おたくが手っ取り早く出来ることってやっぱりお金を使うことですよね。推しの名前でチケットを取る、ブロマイドを買う、等々。

*1

全ての舞台がこうだと言えることじゃないけど事実としてギャランティや今後の活動に影響することがある。ので、推し扱いチケットを買ったりすることは「推薦」という意味では正しいのだろう。

 

ところで、若手俳優おたく界隈ではよく「推しのために買う」とか「スタンド花出して推しにはこんなお金を出せるファンがいるってアピールを~」って聞きますよね。でもぶっちゃけ心からそれ思ってる人ってどれくらいいるんだろう。わたしも言うけど、でも実際そこまで思ってない。「わたしが」買いたいから買うし、「わたしが」花出したいから出してるだけ。少しは推しのためになれたらって気持ちもあるけど、実際ほとんどは自分のためだ。自分が嫌なことにお金は使えないし、お金を使う以上見返りがほしい。自分が良ければそれでいい。ていうか人のためだけに何かをやるって疲れません?推しのためだけにお金を使うってそれはもう義務になってしまっていて、自分の楽しさも後からついてくるのかもしれないけど、きっと純粋に楽しめはしないんだと思う。「推しのブロマイドを買いたい」「推しにスタンド花を出したい」じゃなく「ブロマイド買わなきゃ」「スタンド花出さなきゃ」になっていってしまいますよね。そして結局疲れて辞めるっていう。それって推しのためを思わないと悪みたいな風潮があるせいなのも一理あるのでは??自分のために推しにお金使ったっていいじゃん。もっとゆるい気持ちでおたくしようぜ(?)

 

なんだか話が逸れた気がする。最初に戻るけど「推し」ってなんだろう。おたくの方々はなぜ推しを「推し」だと認識したんだろう。演技が好き、人柄が好き、顔が好き、応援したい、色々あると思うんだけど、推しじゃないけど演技が好き、とか推しじゃないけど舞台観に行く、とかもあるじゃないですか。一体何が違うんだろう。

というのもまぁわたしが推しくんを降りようと思っていることから話は始まったんです。次の舞台で降りようって思ってます。でも降りた後も彼の芝居は観たいから舞台行くだろうし、映像(ドラマ、映画等)もきっと観るだろうし。例えばホストちゃんに出たらまた自分が太客にならない程度で調整しながらNo.1取らせてあげたいし。そうしたら「推し」と変わらなくない?って。わたしの中では「推し」ではなくなってるんだけど、行動としては「推し」のままでは??っていう。難しいですね。「推し」って一体何なんだろう。

*1:匿名なので本当に若手俳優が書いたものかは疑問だが